‘好き’をマイペースで…


by y-kokano
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

淡路島小旅行♪

綺麗になって来ました!(ほんまかいな。)
淡路島は‘慶野松原荘’の、うずしお温泉に浸かってきましたわ♪

我が家からとっても近い淡路島で、
楽しい事いっぱい経験できました。

その1.並んで明石で玉子焼き(通称明石焼き)を食す。
     …いつもの私なら並びませ~ん。
その2.河内屋菊水丸さんで有名なたこフェリーに初乗船。
     …いつもは明石海峡大橋を使います。
その3.値段の割りに満足度の高い上記の国民宿舎の温泉で
     美人になりました。
     …んー。他人の声は無視、無視^^;
その4.朝食はバイキング。「お昼はないで。お昼分も食べときや」
     …旅行の際のお約束。
その5.イングランドの丘でカプセルを見つけ、玉葱を1箱ゲット。
     …カプセルは園内で5個。その内の1個です。やったー!!
その6.淡路島牧場で牛乳を試飲。夫はおかわり。
     …恥ずかしいやんかー。
その7.大鳴門橋記念館のお土産売り場で嬉しい試食コーナー。
     …こんな試食の品数が多いのは久しぶり。


いつも旅行で思いますが、‘食事’と‘湯’がよければ、「楽しかったね」になります。あと安ければ更によし!です。
[PR]
# by y-kokano | 2006-04-03 20:38 | お出掛け

花言葉

ちょうど1週間前にもらったお花が今満開。

薔薇はもう、節操ないくらいぶぁぁあっと咲き、
名前を知らないのだけれど、よく脇役として使われる小花も咲いていました。
いえ、小花が咲いたのを気付いたのは娘です。
私は小さすぎて気付きませんでした^^;。

「お母さん、このお花も咲いてるわぁ」
そこへ
「こかちゃん。花は一つ一つ言葉を持ってるねんで。花言葉っていうて。」
と柄にも無くロマンチックな事を言ったのは…夫。

「じゃ、この黄色の薔薇の花言葉は何?」と娘。

「なんやろお?」
「棘があるから、怖い花言葉だったりして。‘裏切り’とか。」
「なんでやねん。薔薇やねんから、愛に関係するんちゃう?」
「…」
「愛情とか…真実の愛…とか、ありそうやん。」
「さっぶー!!!!」

…誰がどの台詞かは、ココでは控えさせていただきます…(笑)


ネットで調べた結果です。

‘ジェラシー’

も、夫婦で大爆笑でした。
誰に何のジェラシーなの~。

教訓その1。
プレゼント用のお花は、花言葉を理解して送りましょう。
(ま、相手に依ります。私のような無知な者相手なら、OKか。)
[PR]
# by y-kokano | 2006-04-02 09:35 | うちの人たち

リス一家

秋、リスは冬に備え、しこたまどんぐりを溜め込む。
そして土の中に埋める。隠す。
…埋めた場所を忘れる。
…埋めた事も忘れる。

昨日のDNAの続きだが、我が家はみんな忘れん坊。
人生の3分の1は探し物に費やしている。
特に女2人がひどい。

そういえば、私の母もひどい。
母との会話の途中で、『あれ?これ、
前にも話したことあるよなぁ』と気付き、(私も私だなっっ(T_T))
その後一瞬躊躇すると、母は「ほんで?ほんで?」と続きを聞きたがる。
「んー。前にも話したことあったわー。」と言うと、
「ええやん。もう、忘れてるし。」
そして、まるで初めて聞いた話の様に大笑いしてくれる。
一粒で2度おいしい…のような人。

ある意味幸せだと思う。



でも忘れん坊が、幸せでない時もある。

さっきお風呂に入ろうと思ってすっぽんぽん(想像しないように。)になって
お風呂のふたを開けると、お湯がない。
お風呂を洗ってくれた娘が、栓をせずスイッチを入れたようだ。

真冬じゃなくて良かった。

忘れられたどんぐりが芽を出し、
我が家が森林化する日も近い。
[PR]
# by y-kokano | 2006-04-01 22:22 | うちの人たち

「あ~と~で~」のDNA

「ピアノのお鞄、きちんと元の所に掛けてよー。」
「脱いだ靴下、脱衣所へ持っていってよー。」

大体が上の子への言葉ですが、返ってくる言葉は
「後でするからー。」

最近は子供達より先に眠ってしまうのですが、
朝起きてリビングへ入ると昨夜の「後で」の残骸が。
鞄、丸まった靴下、エトセトラ…(一人の靴下だけではないぞ…)

あぁ。やっぱり今日も「後で」を信じた私がばかだった…と
打ちのめされます。
夜中に小人が出てきてやってくれていたらいいのにね。


でもでも。

私は20世紀中にやり残したことがあります。
それは写真整理。これだけはやろうと思っていたのに。
もうあれから6年…

「後でしよ」「今度しよ」
で今に至っています。

10歳の娘、幼稚園時代の写真がまだバラバラだぁぁぁ。

これをDNAというのよね♪
(んー。でも夫と私は血は繋がっていないはずなんだけど?ちと似てる。)
[PR]
# by y-kokano | 2006-03-31 21:47 | うちの人たち

空から何が!?

ようやく春が来たと思ったのも束の間、
2日前の春雷以来、寒さがまた戻ってきた。

今日も朝から冷たい雨。
午前中に一旦止み、「洗濯物干そうかしらん?」
と思った矢先、またまた雨?霙?雪…?

*******

娘がまだ幼稚園児だった頃の話。
「こかちゃん。雹が降ってきたよ。」といつもの雨じゃない事を伝えたかった私。
「え…?ひ…ひょう?」と娘。
なんで?怖いよ。という表情。

もうおわかりですねー。
彼女は‘豹’が降ってきたと思ったんです。

そんなもの降ってきたらそりゃ怖いぞ。
[PR]
# by y-kokano | 2006-03-30 21:04 | うちの人たち