‘好き’をマイペースで…


by y-kokano
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:思い出( 37 )

野外で映画

今夜は小学校でPTA主催で映画があった。

私たちがPTAの役をしていた時から始まった
夏の夜のイベント。
毎年の恒例行事となってうれしい。
毎年毎年映画の前に趣向を凝らした
お楽しみ会がある。
去年も今年も娘のお稽古の都合でそれには参加できず
映画をみるだけになってしまって少し寂しいのだが
夜に友達に会うのはワクワクするようだ。

解散時に娘に会えなかった。
迎えに行ったのにさっさと帰ってしまった。
…こういうところ…困る…。
私が迎えに行くと言っていたのに…。


今から20年程前のまだ独身だった頃、
土曜日も仕事だった私を職場の近くまで迎えに来てくれて、
デートでドライブインシアターってのによく行った。
広場みたいなところにスクリーンがあって、
車の中から観る映画。

…今もあるのかな?
[PR]
by y-kokano | 2007-07-26 22:04 | 思い出
子どもの頃から何でもやりたがり屋だった。

お稽古も小学生時代は
茶道・華道・バレエ・ピアノ…。
まるで花嫁修業のようなことをしていた。
やりたい、といえばすぐにさせてくれた親だった。

…でも何一つ身に付いてないし、今に役立ってもいない。
全て中途半端だったから。

みんなが行っていたお習字・そろばんへは行かなかった。
みんなが行くってのに抵抗があったのだ。
天邪鬼。
今考えると、最も行ったおくべきお稽古だったはず。
せめて花嫁修業の一つの着付けをやっておけば…と悔やまれる。


そんな私が大人になって、
やりたいやりたい病は完治しない。

畑をじっくりしたいパッチワークしたい消しゴムハンコしたい
家にある生地を消化したい…
テニスしたい、バレーボールしたい、
そしてフットサル…。
先日誘われフットサルに行ってきた。
おもしろかった。
でも体はひとつだけ。
申込用紙を目の前に、結構悩んでいる。

学習しない人=ワタクシなのだ。
[PR]
by y-kokano | 2007-07-18 20:14 | 思い出

財布の中身の安心額。

今綱渡り状態の財布。

4月25日が夫のお給料日だったが、
26日にはもう給料日前!という感覚だった。

そんな私はとりあえず1000円札が1枚入っていたら
安心。
現金をそんなに使うことないし、
食料品もカードだし。

レベル低いと自覚しているけどね。


************


昔少しだけアメリカに滞在していた時、
町がやっている移民対象の英会話教室(無料)へ通った。

その時
「お財布の中身、いくらあれば安心?」という質問があった。

うーん。

バスに乗って帰るとして…50セント、プラスアルファかなぁ…?
なんておぼろげに考えていると
「クォーター。」ときっぱり答えた人がいた。

家に電話できるからと。


上には上がいたっ。(^_^;)
先生は驚いていたけどね。
[PR]
by y-kokano | 2007-05-08 19:28 | 思い出

GW2日目。

うーん。ベタなタイトルだわ。

今朝は9時半までお布団に入っていた。
普通の主婦はこんな良いお天気は眠っていられないはず。

ぐーたらな私はグダグダ大好き。
昨日は7時半出勤だったので6時50分に家を出、
「明日は絶対気の済むまで眠る!」と考えていた。


こか太は眠らない子だったので
生後半年は3時間以上続けて眠れなかった。
激痩せした。
その頃の夢は「朝まで眠ること。」

夢がかなって嬉しい。(ちいさーーい。)


こかちゃんが生まれるとき
「さぁ、睡眠不足と戦うぞ。」と思ったが、
眠る子だったので、楽で…。痩せなかったな。

あぁ…この内容。
なんか書いた気がする…。
[PR]
by y-kokano | 2007-04-29 19:29 | 思い出

古ぼけた写真。

色々考えて…
溜息が出る。


f0100938_197485.jpg



この頃は可愛かったよなぁ。

でもこの頃はこの頃なりに
阿鼻叫喚~!!だった。


今が「あの頃は良かったよなぁ…。」と思う日が来ると
信じてるけど。
確信してるけど。

こんなお写真を眺めて現実逃避。


ふぅ。
[PR]
by y-kokano | 2007-03-19 19:21 | 思い出

1日バイト

学生時代は色んなバイトをした。
クラブをしていたので長時間ものは無理。
急に試合があったりするので
選択肢として『1日バイト』だった。


今日ダ○エーへ行くと試食コーナーでエプロンを付けた人がいた。
普段はおばさんが多いのだが今日はいかにも高校卒業すぐって感じの子。
ボーっと立っているだけ。
一声も発さない。

これも1日バイトのはず。
私もやったことがある。

時給結構良かったし(たぶん今は1000円以上はあるだろう。)、
交通費も支給された。
よっぽど人がいなかったのか、
大阪は北河内に住んでいた私に姫路までいってくれと
登録先から頼まれた。
気が遠くなるくらい遠距離だったが、
私もその日くらいしかまともに空いていなかったので
引き受けた。

アボガド売り。

私はその21年ほど前、生まれて初めてアボガドを見た。
食べ方も知らなかった。
指示通りにお醤油を用意してお刺身風にして試食販売した。

他には鶴橋の辺りだったと記憶するが、
スーパーでアイスクリーム売りもした。
スーパーの店長にこれからずっと来てと、スカウトされた。
遠距離だったので断った。

イベントの風船を配った事もある。
テニスのスコートを履くようにと指示されたような。
一緒に写真をとってと頼まれた。

天神橋の商店街でお神輿ギャルをしたこともある。
今は超人気でコンテストもあるらしいが、
私はたぶんそのお神輿の最初の回だと思う。
みんな嫌がって、
しゃーないなぁ。空いてるからします、と引き受けたバイトだった。

貸与されたお神輿ルックで
「ワッショイワッショイ」を言い続けた。
ワッショイを言い続けると、なんかワッショイがわからなくなる。
結構重くてしんどかった記憶も。

上記の1日バイトは若いから出来た事だわね。
(若くても恥のある人は出来ないかも。自分がやっぱり怖い。)

あぁ。交通量調査もしたなぁ。
人付き合いが苦手な人にお勧めする。

こんな私だけど、背が高いからとモデルのバイトもした。
すっごくお給料が良かったので驚いた。

モデルに服を着せ替えるバイトもした。
そこで大きな失敗をした思い出したくない記憶も消えない。

他にも色々したかも…。
思い出したらまた書こうっと。
[PR]
by y-kokano | 2007-03-18 20:27 | 思い出

松崎しげる氏

小学校6年頃。

クリスマス会、お別れ会…
「会」のつくものでの出し物の中で、
必ずピンクレディーやキャンディーズを歌って踊るグループがあった。

その頃歌謡番組は結構多く、
私も好んで観ていた。

低学年の頃は天地まりさんになりきって、鉛筆をマイクに
従兄弟と舞台ごっこをしていた。
歌は好きだった。
でもピンクレディーのミィちゃんもケイちゃんも踊れない。
上手な子たちがいたので、彼女達の披露の場。

でも構わなかった。
だって、その頃私が夢中になったのは「松崎しげる」さん。(渋好み?)

愛のメモリーが大流行だった。

年末の紅白歌合戦で、
どうしても彼の歌が聴きたかったのに、
兄達が「ちょっとだけ…。」としばらく他のお笑いチャンネルに変えた。
痺れを切らした私が、
「もうそろそろ変えてよ!ずっと待ってたのに愛のメモリーが終わってまぅー。」
と半泣きで訴えたので漸くチャンネルを変えると、
ジャーン…と彼が歌い終わってお辞儀をしているシーン。

楽しみにしていたのに、彼のお辞儀しか見ることが出来なかった私は号泣した。
(思い出すと、今は笑える。)

ちなみに生まれて初めて購入したシングルレコードは
彼の「偽りのバラード」という曲。
あれ?愛のメモリーのカップリングだったっけ?
とにかく大体の部分は今も歌える。

そんな彼の顔を今国際運転免許証云々で、久しぶりに見た。

彼が年齢を重ねた分…私も年とったのよねー。
はぁ…。
[PR]
by y-kokano | 2007-02-07 19:10 | 思い出

今日買ったもの。

衝動買いだ。
でも去年から欲しい欲しいと思っていた物。

…それは湯たんぽ。

ここ数年また流行しているそうだ。

一歩遅れて…本日購入♪

さっきカバーを作ったが、
低音やけどが心配なので、とりあえず私が今日使ってみる。

朝、この中の冷めたお湯を使って顔を洗おう。


**********

子どもの頃の経験って、もう一度味わいたくなる。

実は湯たんぽもそう。

夏は蚊帳が欲しいな…と思う。

**************

趣味やお稽古等も同じかな。
基本的に好きな事って、
あまり変わらないように思う。

ん?成長していないの?
[PR]
by y-kokano | 2006-12-07 20:03 | 思い出

味覚と音楽

先輩のブログで、
「物忘れが酷くなっても、あれ?この味は…?」
(S氏すみません。勝手に引用しています。)
と、味覚が残っているとあった。

味覚から
「これどこで食べたっけ?誰と…?」と記憶の糸を手繰り寄せるのは
結構楽しい。
色々、体が覚えているんだな。


音楽。
懐かしい曲や思い出の曲を聞いたとき、
こちらの方は瞬時にその頃を思い出す。


ひとつ胸がキュンとなる懐かしい曲がある。
こか太がベビーの頃の曲。

思い出すとおもわず目を細めてしまう。


今こか太やこかちゃんが口ずさむ歌や聞いている曲、
年を取って思い出したとき、
また幸せな気分になれたらいいな…と思う。


きっと今成績や学校の事で溜息の事も…
30年後は笑えるのだろう。

しかし…30年は…長いぞ。
今笑いたーい(T_T)。
[PR]
by y-kokano | 2006-12-06 20:11 | 思い出

中学時代の校則

髪の毛を…
ようやく切ってくれた。
中1の息子、何をめざしていたのだろう…?
全く切らなかった。(ひょっとして赤西…?プププッ)
頼んで頼んで…ようやく切ってくれた。
長さ的にはまだ不満が残るが、ま、良しとしよう。


**************
私の中学時代、校則がものすごく厳しくて、
女子でも前髪が眉毛にかかったらダメ!だった。

不良っぽい女の子達が1時間目と2時間目の前髪の長さが違う時があった。
…数学の女性の先生がポケットにはさみをしのばせていて、
休み時間にトイレに連れ込み、前髪を切ってしまうのだった!!
あまりに短く、前髪が降りてこないで地面と水平に立ってしまう位。
恐ろしかった。可哀想だった。

男子は男子で、不良っぽい子が良くその日のうちに坊主になったりしていた。
体育の先生にお昼休み、バリカンで丸坊主にされるのだ。
何かの罰で。


数年前まで息子の中学も男子は坊主だったらしい。

親はそれでもいいんだけど。
だって、長いのは見苦しい。
[PR]
by y-kokano | 2006-11-04 20:54 | 思い出