‘好き’をマイペースで…


by y-kokano
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

体操服

2人の子供のお洋服の整理をした。

この度留年せずに無事小学校を卒業できた息子は、
週に3回は着ていた体操服ともお別れ。

子供達の小学校は、体育のある日は家から体操服のまま出かけ、
着替えず、1日中その格好でいる。
初めは「不潔だー!」とかなりの違和感があったが、慣れれば楽だった。
こか爺婆が「お洋服買ってあげる。」とよく言ってくれたが、
私の答えはいつも「いらない。体操服を買ってほしい。」だった。
もちろん却下されたが。

兄妹は2歳離れているが、いつしか妹が兄のサイズに追いつき、
体操服の取り合いになった。
朝っぱらから取り合いで喧嘩になったこともしばしばだった。
いつもは運動会前にしか購入しない私も、
喧嘩に耐えかねて、なんでもない日に渋々買ったこともあった。
(ところで、運動会前に購入するのは他の人も同じ様で、
運動会はいつもやたらと真っ白でまぶしい。)

そして先日、息子の同級生のお母様から「妹さんに」と体操服を戴いた。


娘のタンスの中は、あと2人いても喧嘩にならないくらい体操服だらけ。

何となく寂しくって、胸がクッとなった。
[PR]
# by y-kokano | 2006-04-05 20:34 | うちの人たち
明石の魚棚で沢山の蛸を見て、
巨大ブロッコリーと格安ごぼうを購入して

お風呂入って、美味しい物食べて、体重1キロ増えて、

宝探しして、牛乳試飲して、お土産試食して、
スワンボート乗って、着岸できず彷徨って、

帰途車中DVD見て私一人泣いて、
一度行ってみたかった‘北海ラーメン’寄って、
昼食抜きだったから家族全員がっついて、

お財布空っぽになって…。

**********

帰宅するとメール便ポスティングの山。
期限は翌日。
ふっ。いつもこんなものよ。泣かないわ。
これが次の旅行へ繋がるのよ。

おぉ!翌日の天気予報は午後から雨になってるじゃん。
午前中に配布完了させるぞ!

自転車立ち漕ぎ。お仕事終了。
雨に合わず、「よっしゃ。今日も良い日だわ」

戻ってきた玄関先で…。新たな配布物に気付く。
配布中に、私のポスティングのリーダーさんが持ってきてくれてました。

毎度、これ。

はいはい。痩せろって事ね。
[PR]
# by y-kokano | 2006-04-04 20:46 | お仕事

淡路島小旅行♪

綺麗になって来ました!(ほんまかいな。)
淡路島は‘慶野松原荘’の、うずしお温泉に浸かってきましたわ♪

我が家からとっても近い淡路島で、
楽しい事いっぱい経験できました。

その1.並んで明石で玉子焼き(通称明石焼き)を食す。
     …いつもの私なら並びませ~ん。
その2.河内屋菊水丸さんで有名なたこフェリーに初乗船。
     …いつもは明石海峡大橋を使います。
その3.値段の割りに満足度の高い上記の国民宿舎の温泉で
     美人になりました。
     …んー。他人の声は無視、無視^^;
その4.朝食はバイキング。「お昼はないで。お昼分も食べときや」
     …旅行の際のお約束。
その5.イングランドの丘でカプセルを見つけ、玉葱を1箱ゲット。
     …カプセルは園内で5個。その内の1個です。やったー!!
その6.淡路島牧場で牛乳を試飲。夫はおかわり。
     …恥ずかしいやんかー。
その7.大鳴門橋記念館のお土産売り場で嬉しい試食コーナー。
     …こんな試食の品数が多いのは久しぶり。


いつも旅行で思いますが、‘食事’と‘湯’がよければ、「楽しかったね」になります。あと安ければ更によし!です。
[PR]
# by y-kokano | 2006-04-03 20:38 | お出掛け

花言葉

ちょうど1週間前にもらったお花が今満開。

薔薇はもう、節操ないくらいぶぁぁあっと咲き、
名前を知らないのだけれど、よく脇役として使われる小花も咲いていました。
いえ、小花が咲いたのを気付いたのは娘です。
私は小さすぎて気付きませんでした^^;。

「お母さん、このお花も咲いてるわぁ」
そこへ
「こかちゃん。花は一つ一つ言葉を持ってるねんで。花言葉っていうて。」
と柄にも無くロマンチックな事を言ったのは…夫。

「じゃ、この黄色の薔薇の花言葉は何?」と娘。

「なんやろお?」
「棘があるから、怖い花言葉だったりして。‘裏切り’とか。」
「なんでやねん。薔薇やねんから、愛に関係するんちゃう?」
「…」
「愛情とか…真実の愛…とか、ありそうやん。」
「さっぶー!!!!」

…誰がどの台詞かは、ココでは控えさせていただきます…(笑)


ネットで調べた結果です。

‘ジェラシー’

も、夫婦で大爆笑でした。
誰に何のジェラシーなの~。

教訓その1。
プレゼント用のお花は、花言葉を理解して送りましょう。
(ま、相手に依ります。私のような無知な者相手なら、OKか。)
[PR]
# by y-kokano | 2006-04-02 09:35 | うちの人たち

リス一家

秋、リスは冬に備え、しこたまどんぐりを溜め込む。
そして土の中に埋める。隠す。
…埋めた場所を忘れる。
…埋めた事も忘れる。

昨日のDNAの続きだが、我が家はみんな忘れん坊。
人生の3分の1は探し物に費やしている。
特に女2人がひどい。

そういえば、私の母もひどい。
母との会話の途中で、『あれ?これ、
前にも話したことあるよなぁ』と気付き、(私も私だなっっ(T_T))
その後一瞬躊躇すると、母は「ほんで?ほんで?」と続きを聞きたがる。
「んー。前にも話したことあったわー。」と言うと、
「ええやん。もう、忘れてるし。」
そして、まるで初めて聞いた話の様に大笑いしてくれる。
一粒で2度おいしい…のような人。

ある意味幸せだと思う。



でも忘れん坊が、幸せでない時もある。

さっきお風呂に入ろうと思ってすっぽんぽん(想像しないように。)になって
お風呂のふたを開けると、お湯がない。
お風呂を洗ってくれた娘が、栓をせずスイッチを入れたようだ。

真冬じゃなくて良かった。

忘れられたどんぐりが芽を出し、
我が家が森林化する日も近い。
[PR]
# by y-kokano | 2006-04-01 22:22 | うちの人たち